10坪の畑から

生まれてきたからには、生きてみる。 一日一日積み重ね。 そんな日々 あるがまま ところどころの まんまる日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読みたい本7月30日

「文化的営みとしての発達」
バーバラ・ロゴフ 著/當眞千賀子 訳

人は文化の一員として生まれ、文化のなかで成長する、したがってその発達の仕方は文化によって大いに異なる--この当然の事実は、本書以前には明確に論じられてきませんでした。欧米生まれの心理学は、欧米文化のなかでの発達を人間発達の当然の姿として普遍化し、研究してきたのです。本書は、自らの経験からこの点に疑問を抱いた著者が、発達理論の周到な研究と人類学や社会学、言語学から新聞記事にわたる圧倒的な資料によって、発達が文化の過程そのものであることを詳細に説き示したもので、昨年度、アメリカの最も優れた心理学書に贈られるウィリアム・ジェイムズ図書賞を受賞した話題作です。

・・・とのこと。
高いねんな~。しかし。
でも、チェックしたい。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/31(月) 00:04:06|
  2. 気になるものメモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

矛盾。

ブルーシート暮らしについて書くかと思うと、
うまいもんについても書く。

この矛盾が現実。
  1. 2006/07/26(水) 00:03:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はんじゅく  hanjuku

大阪・天満橋にある素敵なお店。
串カツ屋さんなんですが、とても繊細に、丁寧に作られているのが
伝わってきます。

サントラの仕事のほうからの関連で、紹介してもらった方の
弟さんのやっているお店です。
一緒に行った外人さんたちも大喜び。

行きたい人、挙手してください。ご案内します。
ご馳走はしません(できません)が、ワリカンで行きましょう。
コースで3500円。安くはないかも知れませんが、
その値打ちは十分にあると思います。
オススメです。

店名:hanjuku(はんじゅく)住所:大阪市中央区釣鐘町1-2-3 B1
電話:06-6947-1022
  1. 2006/07/24(月) 23:39:15|
  2. お気に入り(大阪)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そう遠くはない。

それほどマメに更新されないので、本当にときどき覗く感じですが
【ホームレス文化】
http://yukuri.exblog.jp
はじめに知ったのがいつだったかどうしてだったか、
記憶ははっきりしないのですが、
ず~っと気になっていることだったのです。

こういう生き方をしている限り、「そう遠くはない」と思うから。

それが「転落の末行き着くところ」でも「最悪の場合」でも
ないとしたら、それはなんとなく心強い。

このあたりのトピックについては、いろいろと論争も多く、
単純に賞賛も否定もできないけれど、
私的には、なにかしらの「ヒント」を得ることはある。
だから、「人生の杖」。
  1. 2006/07/17(月) 09:07:09|
  2. 人生の杖
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

itohenだ。

大阪のいいところ。
【itohen】
http://www.skky.info/top.html

中崎町から川のほうへズズイッと進む。
わりとさびれた感じのエリアにある。

ここもデザイン系のお仕事をしている方が
事務所兼ギャラリー兼カフェ兼ショップとして
やっていらっしゃる様子。

全然ゴミゴミしていなくて、こころからの~びの~びできる
そんな感じ。

ここも居心地最高っす。
ドリンク類もおいしかったです。

オススメ。

でも、ちょっと不便。

あ~。梅田の中心部でここクラスに心地よい場所はないものだろうか。
情報求ム。
  1. 2006/07/15(土) 23:30:49|
  2. お気に入り(大阪)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私的所有論

立命館大学でお世話になったことのある立岩真也先生が
新しい本を出されたようです。
『希望について』

この方の講義はとてもわかりやすくて面白かったのですが、
そのときの講義のテキストとして用意されていた
『私的所有論』という本は、なにしろ大作で、なにしろ文章が読みにくい。
これは批判ではなく。
きっといろんな方向にいろんな思考をめぐらすと
こういう書き方になるのだろうな、と、
誠実さを感じます。わかりやすく書くということは、ある意味で乱暴なことのような気がするのです。
でも、いっこうに読破できそうにありません。
このままだと死ぬまで無理そうです。
でもね、読んでみたいんですよ。最初から最後まで全部。
そこにある考えを理解したいのです。
なんとなく(ちゃんと読めてないから)なんですけど、
「私的所有」という問題は、今の社会のありとあらゆる
問題の「おおもと」であるような気がするのです。
戦争もそうだし。
格差もそう。

私たちは、この世に生まれて生きていて、
本当に「自分のもの」だといえるものってなんなんだろう。
それは「自分のもの」である必要はあるのだろうか。
「自己責任」「自己決定」「尊厳死」なんてところにも
もちろん話はいたるのです。

たぶん今回の本は、読みやすいバージョンだと思います。
新聞などに求められて書いたものなどを集めたものらしいので。

この人の言うことに、私は結構腑に落とさせてもらった。
うまく使えてないのが自分で悔しいのですが、
使えるようになりたい「人生の杖」です。


  1. 2006/07/15(土) 00:14:22|
  2. 人生の杖
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Hello!

京都のお気に入り、現在の1番は
Cafe Bibliotic Hello! (カフェ ビブリオティック ハロー)
http://www.kanshin.com/keyword/588311 
なんです。

町家を改装したお店。
時間がゆっくりと流れる気がする。

食べ物もおいしかったし、コーヒーもおいしかった。
名前の通り、壁一面の本棚にたくさんの本・雑誌。

居心地最高。

*注意点*
トイレが外国製のものなのですが、流すときにコツがいる。
一度失敗すると、なかなか回復できず、妙にトイレの長い人に
なるおそれあり。なんでああなるのでしょうかね~。
  1. 2006/07/14(金) 01:07:08|
  2. お気に入り(京都)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カシミヤな時間

CDの営業先をさがしていて、まずはネットでひっかかったお店。
実際行ってみて、お気に入り。

【カシミヤ】
http://www.cashmere353.jp/index.php
茶屋町を抜けてさらに中津方面へすすむ。
河合塾なんかがあるエリア。
公園も小さいのだけどちょこちょこあって、けっこう和む。
そんななかにあるお店。
どうやら3階建て1棟で利用している最上階が
デザイン系のオフィスで、そこがその下のスペースを使って
カフェを展開している模様。
最近、そういうところが結構あるような・・・。
出てくるお料理は、バランスしっかり良いお食事という感じでうれしい。
居心地も良い。
平日のお昼時にいくと結構背広にネクタイのおじさまも
いらっしゃる。
それもよし。
1階には古本(デザイン系などを中心としたセレクト)や
雑貨を販売しているコーナーもある。
いいと思います。

  1. 2006/07/11(火) 22:25:51|
  2. お気に入り(大阪)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々生きる。

必ず覗くもうひとつのblog。
その日々が垣間見えます。
詩人の上田さんの「日々。生きる現代文学」
http://booksarch.exblog.jp/
同い年の彼女ですが、その「はたらき」は
とてもとても私にはできそうもないほど。

思うところ、感じるところは、同世代だからか
非常に近い。
でも、私は彼女にはなれないし、なろうとも思わない。
でも、心から応援している。体には気をつけて欲しいものです。

  1. 2006/07/09(日) 23:32:54|
  2. 人生の杖
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

LUCY ラブ!

神戸・西元町にあるナイスなお店!
【LUCY】
http://www.lucymama.com/index.html

店長おかしくて最高!
カワイイお菓子職人さん常駐。
無国籍?多国籍?な内装。
カレー最高!
スィーツも最高!
味わい深いお店です!
きれいでもおしゃれでもないですけど、ここ最近のなかでは
かなりツボ。近くだったら通いたい。

「飲みなチャイ」に「ごめんなチャイ」って、
おかしなメニューでしょ?!
  1. 2006/07/08(土) 23:57:04|
  2. お気に入り(神戸)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

必ず見ているblog 1

日々、更新のたびに必ずみている「半農半X」の塩見さんのblog
http://plaza.rakuten.co.jp/simpleandmission/
まさに人生の杖。
これからどう生きていくのかを考えるときのヒントが
詰まっている感じです。
  1. 2006/07/07(金) 23:07:25|
  2. 人生の杖
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめます。

ふと思い立ちはじめます。
ブログ本来の役割、自分のためのウェブメモを主な目的として
プラス日記な感じにしていきたいと思います。とりあえず。
  1. 2006/07/07(金) 18:02:15|
  2. 表明
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

まんまる@大阪

Author:まんまる@大阪
大阪府高槻市生まれの高槻育ち。
資本主義社会の確信犯的落ちこぼれ。
座右の銘は「諸行無常」。
自分の人生の課題は「幸せに生きて死ぬこと」。
自分の「幸せ」とみんなの「幸せ」。
幸せって何?
生きるって何?
考えつつも考えすぎず
日々あるがままに。
日々ところどころに。
(2007/7/22)
営業の旅をしなくなったのとともに
農のある暮らしへ突入のため
タイトル変更します。



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。